FC2ブログ
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『2007年病院受浣体験9』
今日は夕方少し早く自宅に帰る事が出来たので、久しぶりに近所の病院へ行きました。
この病院は小児科です。
それでも先生も、看護婦さんもちゃんと患者さんとして対応してくれるのでとても嬉しいです。
私はココの病院でいつも浣腸して下さる看護婦さんがとても好きなんです。
でも告白なんてとても出来ないです。
さて私が病院に着いたときは診察終了時間の15分前、さすがにこの時間になると、普段混んでいる小児科でもガラガラ。
待合室にも診察室にも患者さんは居ませんでした。
私が受付に診察券を出したのですが、3分もしないうちに
「クリエさ~ん」
と呼ばれ診察室へ。
先生に「お腹の調子は、どうですか?また便秘しましたか?」
私は「5日程便秘してしまいました」
先生「そうですか、それではまた浣腸しておきましょう。ラキソベロンはまだありますか?」
私「いいえ、無いです」
先生「そうですか、それじゃ出しておきましょうね」
看護婦「それでは、待合室でお待ち下さい」
と言われ私は待合室で待っていると、処置室の方からビニールを破る様な音が聞こえました。
私の浣腸を準備してる様です。
するといつも浣腸して下さる、かわいい看護婦さんが大胆に浣腸を手にもったまま私の方にニコニコしながら来ました。
看護婦「トイレに行って浣腸しましょうね」
私は看護婦さんと一緒にトイレに入りました。
看護婦「また私が浣腸しても宜しいですか」
私「はい、お願いします」
看護婦「ラキソベロンいつも何滴位使っているんですか?」
私「10滴位です」
看護婦「それでもダメなんですか?大変ですよね~」
看護婦さんとそんな話をしながら、ケンエーG120の先にゼリーを塗って居ました。
看護婦「浣腸120じゃお腹痛くならないですか?120だとかなり辛いと思うんですけど。」
私「結構お腹痛くなります」
(120がかなり辛いという事はこの看護婦さんも経験あるのかな?なんかこのかわいい看護婦さんがお尻に浣腸入れている姿はなかなか想像出来ない感じ)
看護婦「はい、お薬入りますよ~」
と言うと私の*にプスリ。
そして浣腸液が「ジュ~」と音をたてて勢いよく入って来ました。
看護婦「はい終わりましたよ。出来るだけ我慢して下さいね」
看護婦さんがトイレから出て行くと私は一気に排泄しました。
「ブブ~ブリブリ、ボト、ビチャブブブ~」
と排泄中に待合室で看護婦さんと受付の女性が何か話して笑っている。
私のことで笑って居るのかな~。
小児科に大人が来てしかも毎回浣腸してもらっているなんて、変な人と思っているのかも。
ちなみにこの画像は今日の着用下着です。
看護婦さんはどう思っているのかな~。


ro01.jpg

pr01.jpg

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

【2007/03/13 19:40】 2007年病院受浣体験 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<2007年病院受浣体験10 | ホーム | 2007年病院受浣体験8>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://clinicenema.blog96.fc2.com/tb.php/9-9ca2e1d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。