FC2ブログ
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『2011年病院受浣体験12』
今日は隣町の休日当番の病院に行っちゃいました。
日曜日の午後なので患者さんの数も少なく診察待ちも殆どありませんでした。
診察室に呼ばれ先生に問診を受けました。
私は「便秘でお腹が痛いんです」と告げ「いつぐらいから便秘してますか」と聞かれたので月曜日からです。と答えました。

結果、適便そして浣腸の処置の指示が出ました。
実際便秘していた訳では無いので大丈夫かなと言う反面、ウキウキ度が半分という感じでした。
10分程待つと点滴室から看護婦さんが顔を出し私を呼びました。
「こちらにどうぞ」
私は看護婦さんにベットに案内されました。
そしてベットに横になり看護婦さんがカーテンを引きながら
「一寸便があるか確認して浣腸しますからね」
「はいお尻だしてください」
私はパンツを下げお尻を出していると
「はい入りますよ」
看護婦さんが私のアナルに指を入れグリグリ廻しました。
そして
「堅いの無いですね、じゃそのまま浣腸しますね~」
「ココでやってもトイレまで我慢できます?」
「一寸いたいですよ~」
看護婦さんが浣腸の管を入れて
「はいお薬入りますね~」
しっかり浣腸液がお腹に入って来ました。
「ハイ抜きますよ~」
そして看護婦さんにトイレを案内されました。
便を確認するシートを便器の中に入れられ確認しますと言われました。
便の量が少ないのでトイレットペーパーで便を隠すようにして看護婦さんを呼びました。

今回はこんな感じで浣腸されましたが、やはり興奮しました。
看護婦さんに感謝です。
hana02.jpg
ブログランキングに参加中
一押ししてネ!

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

【2011/12/04 19:59】 2011年病院受浣体験 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<2012年病院受浣体験1 | ホーム | 2011年病院受浣体験11>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://clinicenema.blog96.fc2.com/tb.php/84-9dbd00a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。