FC2ブログ
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『2011年病院受浣体験1』
先日今年初の病院受浣をしてきました。
今年初の訪問した病院は以前お尻を押さえてくれた病院の快感が忘れられず、またその病院に行ってしまいました。
診療時間終了の30分ほど前に病院を訪れ、患者さんも疎らで丁度いいと思ったのですが、これが失敗だったかも。
受付で便秘であることを告げて待合室で診察を待っていると、その後何人か患者さんが入ってきました。
どうやらインフルエンザの様子です。
そのため診察の順番が変わった上に看護婦さんも猛あわて。

そして私は診察前にレントゲンを撮る事になったのですが、看護婦さんがどうも不機嫌。
「何で便秘なのに・・・」と言う話が聞こえました。
そしてレントゲン室で先生と看護婦さんの話がチラホラと。
「レントゲンの結果見てその後浣腸」
「この患者さんは浣腸しても大丈夫」
と言う話が聞こえました。

その後レントゲンを撮りしっかり浣腸の宣告を頂きました。

待合室の椅子で待っているとこの前浣腸して頂いた看護婦さん。私はトイレに入り浣腸される事に。
そして看護婦さんに「便秘が長くなる前に薬ちゃんともらいに来るように」等と、きっちりお説教されちゃいました。

私は今日はお尻を押さえてくれないかなと思ったのですが、看護婦さんは浣腸した後しっかりお尻を押さえてくれました。
とても気持ちよかったです。

忙しいのに浣腸して頂いた看護婦さんに感謝です。

pn22.jpg

ブログランキングに参加中
一押ししてネ!

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

【2011/01/14 13:07】 2011年病院受浣体験 | トラックバック(0) | コメント(1) |
<<2011年病院受浣体験2 | ホーム | 2010年病院受浣体験7>>
comments
--よかったね--
取りあえず。私もそろそろ肛門科かな~
【2011/01/28 12:56】 URL | 札幌めぐ #-[ 編集] |
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://clinicenema.blog96.fc2.com/tb.php/72-dd40c01e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。