FC2ブログ
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『2009年病院受浣体験2』
さてさぼっていた訳では無いのですが、昨日病院に行く時間が取れたのでご報告させて貰います。

今回はとある田舎の個人病院です。
朝も以外と早かったのですが患者さんの数も少なく診察はあっという間に順番が廻って来ました。

一応今回は風邪と便秘の作戦で考えました。

診察室に呼ばれ先生の問診に、ノドが痛く咳も出る、そして体温計を一寸細工して熱は38度になりました。

医師「熱が高いね、ノドも腫れているし、お腹は?」
私「はい、便秘でお腹が痛いです」
医師「じゃ浣腸しておきましょう」

その後お腹を診察され
医師「大分張っているね~やっぱり浣腸だね、あと注射2本打っておきましょう」
私は診察室をでて処置室の前の中待合室で待っていました。

そして私は処置を待っている間男の子を連れた母親が入って行きました。
どうやら風邪を引いたようです。
この男の子も注射されるのかな~と思いながら診察室に聞き耳を立てていました。

そうすると看護婦さんが私の方に来て
看護婦「クリエさんどうぞ~」
看護婦「壁を向いて横になってください」
そして看護婦さんが120のディスポ浣腸を手に、
看護婦「はいお薬入れますからね、力抜いて下さ~い」
お尻を指で広げられ浣腸が入って来ました。
看護婦「はい終わりました」
看護婦「出来るだけ我慢してね、トイレはこっちに来て下さい」
私は看護婦さんに案内されトイレに行き
看護婦「トイレはこれにして下さい」
とポーターぶるトイレでするように言われました。

私が浣腸中の間男の子は注射はされないけど、病院で座薬を入れられることになったのです。
残念ながら私はトイレでいきんで居たのでその様子を見る事は出来ませんでした。

私は排便を済ませ処置室に戻りました。
そして次に注射です。

看護婦「クリエさ~ん、お注射しますのでこちらにどうぞ~」
私はベットにうつ伏せになり再びお尻を披露しました」
お尻の両側に痛い注射をされましたいます。

今回の病院受浣体験はこんな感じです。
ちなみに今回診察時のパンツです。

pin01.jpg
pin02.jpg
pin03.jpg



ブログランキングに参加中
一押ししてネ!

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【2009/04/12 08:15】 2007年病院受浣体験 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<2009年病院受浣体験3 | ホーム | 2009年病院受浣体験1>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://clinicenema.blog96.fc2.com/tb.php/55-1fc8fe6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。