FC2ブログ
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『2008年病院受浣体験5』
今回は内科医をほうもんしました。
病院の待合室には10人位待って他の患者さんが待っていました。
3,40分程待合室の椅子で待っていると私の順番になりました。
いつもの様に診察室に呼ばれ問診を受けました
医師「今日はどうしました」
私「はい、便秘が長くなってお腹が痛いんです」
医師「そうですか~、そこのベットで横になって下さい」
先生がお腹を触診して
医師「大分張ってますね~。浣腸した方が早いけどいいですか」
私「はい」
看護婦「それじゃ浣腸しますので待合室で待っていて下さい」
私は中待合室の椅子で処置室の様子を見ていました。
看護婦さんは浣腸の用意をしていたのですが、100ccの注射器を出し先にカテーテルを付けました。
(残念ながら浣腸器では無いんです)
妙にニコニコしながら浣腸の準備をしていました。
そして浣腸が入ったを大きな膿盆をてにして私の所に来ました。
看護婦「クリエさん浣腸しますのでこちらにどうぞ~」
私は個室に案内され
看護婦「こちらのベットで横になってズボンとパンツ下げて下さい」

私はこんな感じの下着を着ていたので
BO01.jpg

看護婦「あら~下げなくてもいいんですね~」妙に嬉しそうな声
看護婦「はい浣腸しますからね~」
私は看護婦さんに優しい浣腸液を*から入れられました。
この感じが祝福の時間です。
その後排便を済ませその病院を後にしました。

やっぱりHな下着で浣腸されるのは最高です。

ブログランキングに参加中
一押ししてネ!

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

【2008/07/05 13:48】 2008年病院受浣体験 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<浣腸はアイドルでも | ホーム | 2008年病院受浣体験4>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://clinicenema.blog96.fc2.com/tb.php/39-e3ab574a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。