FC2ブログ
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『2008年病院受浣体験3』
今回は隣町の小児科に訪問しました。
隣に内科の個人病院があるので、受付で断られるかと思いながら受付を済ませるとすんなり診察してくれることになりました。

患者さんも誰も居なく診察の時間待ちは短かったです。
診察室に呼ばれ先生に
「今日はどうしました」
「はい左の下っ腹が痛くて」
「左ですか、盲腸は右側なんだけど、下痢している?」
「いいえ5日ほど便秘しています」
「それじゃそれが原因かな、一寸お腹診せて」
私はベットに横になり先生に触診されました。
「大分張ってますね、どうしましょう浣腸してみますか」
「はいお願いします」
「ぞれじゃ隣で待っていて下さい」
私は中待合室の椅子で待っていると看護婦さんが浣腸の用意をしていました。
「クリエさんこちらにどうぞ」
「え~と浣腸しますのでこちらの黒いベットに横になって下さい」
「はいいいですか、ズボン下げますね~」
「はい力抜いて下さい」
看護婦さんの指が私のお尻の谷間を広げ浣腸の管をさしました。
看護婦さんの手つきが妙に気持ちよく思わず声が出そうになりました。
「はいお薬入りますね~一寸気持ち悪いですよ~」
私のとっては何とも気持ちのイイ瞬間です」
そして浣腸が終わり、私は病院を後にしたんですけど。
看護婦さんの指の感触が忘れられません。

ブログランキングに参加中
一押ししてネ!

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

【2008/04/30 13:12】 2008年病院受浣体験 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<2008年病院受浣体験4 | ホーム | 2008年病院受浣体験2>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://clinicenema.blog96.fc2.com/tb.php/36-3e6a151d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。