FC2ブログ
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『2007年病院受浣体験26』
さて昨日女医さんの病院で浣腸された後まだ時間があったのでもう1件別の病院に行ってみました。
先程の新しい病院とは正反対の古い病院です。
先生は年輩で看護婦さんも50代位の看護婦さんと20代後半位の看護婦さんが居ました。
患者さんは3人だけでしたが、診察までに結構時間がかかりました。
私が診察室に呼ばれ先生の問診を受けました。
私が「便秘でお腹が痛い」と言うと「何日位?」と聞かれ「5日出ていません」と答えると「5日も~。それは大変だ~」と驚いた感じでした。「浣腸して直ぐに出そう」という事になり私は処置室の前のイスで待つ事に。
浣腸の処置は若い看護婦さんがしてくれるようです。
ゴム手袋とゼリーを準備して浣腸を袋から出していました。
最初はトイレで浣腸しようと思っていたらしく、年輩の看護婦さんに、「若いから左下に寝せてベットでやった方がいいよ」と言われていました。
私は看護婦さんにベットに案内され
「はいこちらに向こう向きで寝て下さい」
「ベルトをはずして下さいね」
私はベルトをはずしあえてズボンは下げませんでした。
「はい失礼しますね~」
看護婦さんは手際よく私のお尻を出しました」
「前にも浣腸されたことがありますか~」
「はいそれでは力を抜いて下さい」
看護婦さんが私のお尻に管を入れ浣腸の液が「ジュ~」と音をたててもの凄い勢いで入って来ました。
「はい終わりました。出来るだけ我慢して下さいね」
私はその後トイレに行き排便?(さっき浣腸したので便は出ないです)を済ませこの病院を後にしました。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

【2007/06/16 21:53】 2007年病院受浣体験 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<2007年病院受浣体験27 | ホーム | 2007年病院受浣体験25>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://clinicenema.blog96.fc2.com/tb.php/26-a9df2804
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。