FC2ブログ
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『2007年病院受浣体験11』
さて、今年の病院受浣体験も11回もやってしまいました。
今日行った病院は近所の美人女医さんのいる病院です。
この先生も看護婦の皆さんも大好きなんですよね。
私は受付を済ませ、しばし待合室で待っていました。
毎度同じ受診なので、診察前にレントゲンを撮りました。
そして中待合室で待つ様に言われ私は診察の順番を待ちました。
そして「クリエさん」と呼ばれ私は診察室へ入りました。
「またいつもの便秘ですね~」とにこやかに微笑まれ
「これ先ほどのレントゲンなんですけど、これがガスなんですね、後この辺にウンチが溜まって居るんですね~これもウンチなんですよ~」
と美人の女性が「ウンチ」「ウンチ」と連呼するのはなんか興奮してしまいます。
「とりあえず今日また浣腸しましょう」
「後下剤を出しておきますね」
「この前浣腸したときはどこでされました?ベットでそれともお便所?あらお便所なんて失礼しました、お手洗いですね」
と以外と大胆な発言の女医さん。
私はベットでしました。と答えとりあえず血液も採ってそれから浣腸らしいです。
私は処置室の前で待っていました、そして私の名前が呼ばれ私はまず採血をされ、その後内視鏡室で待つ様に言われたので私は内視鏡室のベットで待っていると直ぐに看護婦さんが浣腸を持ってやってきました。
「はいそれでは入れますね~」
この前浣腸して下さった看護婦さんなんですけど、今日はなんか不機嫌そう。
やはり何度も浣腸されに行くと変な患者さんに見られるんでしょうね。
と考えていると看護婦さんが私の*に管を刺し浣腸液が「チュ~」と入って来ました。
いつもは暖かい浣腸なのですが、今日の浣腸はなんか凄く熱い。
そのせいもあるのか浣腸の効き目は強かったです。
私はすぐにトイレに行き
「ブブ~バシャ~ブブブぶるブリボトブブブ~」
と排泄。
その後さっき浣腸してくれた看護婦さんに量を報告して
「あ~良かったですね~。会計はもう出来ていますので」
と私は会計待ちをしなくて病院を後にすることが出来ました。20070319-1.jpg

20070319-3.jpg

20070319-4.jpg

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

【2007/03/19 19:18】 2007年病院受浣体験 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<2007年病院受浣体験12 | ホーム | 2007年病院受浣体験10>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://clinicenema.blog96.fc2.com/tb.php/11-07b3e83a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。