FC2ブログ
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『2011年病院受浣体験5』
病院に行っちゃいました。

先週病院に行ったばかりだったのですが、また浣腸されたく病院に足が向きました。
今回行った病院は小児科なのですが、何度か浣腸して頂いた病院だったので、2年ぶり位だったのですが行ってみました。

今の時期は患者さんの数も少なく診察の時間まではそれ程かかりませんでした。
ただ小児科に大人の患者さんが来るのは変な感じですよね。
行くたびに浣腸の処置ばかり。当然浣腸が目的で病院に行っていることは張れていると思うのですが、浣腸して頂いているので凄く嬉しく思います。

さて診察は簡単に直ぐ「浣腸」の宣告が出ました。

私は待合室で待っていると看護婦さんが、ビニール袋にケンエー120を入れて、「トイレで待っていてください」
と言われ私はトイレに行きました。(ココの病院小児科なのに120があるのでとても嬉しいです)
程なくして看護婦さんがトイレにやってきて、
「あの・・用意してくださいね・・」
と小声で言いました。
「はいいれますね~」
細い指で私のお尻を広げ浣腸の管が私のお尻に入りゆっくりと浣腸液が入って来ました。
「出来るだけ我慢してくださいね」
と言い残し看護婦さんは出て行きました。
その後トイレで頑張って居ると、トイレの付近で子供が泣き叫んでいました。
私はまだ便意があったのでトイレにしゃがんでいました。
しきりに「トイレやだ~」「トイレやだ~」と叫んでいます。
これはひょっとして浣腸なのかな。と思ってトイレを出てみると、母親と男の子でした。母親の手には検尿のコップがあったのですが、トイレに行くのをこれ程嫌がると言うことは、前にこの病院で浣腸されたのでは無いかなと思います。
でも子供の浣腸はベットですると思うのですが、こればかりは解りませんね。

ブログランキングに参加中
一押ししてネ!

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【2011/05/23 12:15】 2011年病院受浣体験 | トラックバック(0) | コメント(6) |
『2011年病院受浣体験4』
ちょうど1月振りになるのですけど、たった今病院に行ってきました。
今回の病院は前にも行ったことのある病院です。
今日はかなり混み合っていてこれは診察までに結構時間がかかるだろうなと思っていました。
それでも40分位待った所で、処置室の看護婦さんに呼ばれました。
美人系の少し厳しそうな看護婦さんでした。
「今日はどうなさいました」
「はい便秘で苦しいんです」
「何日位出ていませんか」
「5日出ていないです」
「食事は?」
「はい少しですが食べて居ます」
「はいじゃあ血圧計りますね」
「それじゃ近くの長椅子で待っていて下さい」
私は長椅子で待って居ると看護婦さんが棚からガサガサと何かをしています。
この音は聞き覚えのある浣腸の袋の音。
もう準備している感じです。
そして先程問診をした看護婦さんが先生と話していました。
これは早い展開です。
そして看護婦さんがやってきて
「浣腸しますので、車イスのトイレに行って待っていてください」
はっきり気持ちのいい声で「浣腸」と言われました。
私は車イスのトイレで待っていると先程の看護婦さんがやってきて
「浣腸しますので、浅く腰掛けて待ってもらえますか」
私はトイレの便座を浅く腰掛け待って居ました」
「はいそれでは入れますね」
と看護婦さんは指で私の*を探って居ました。
でも指が*から少し外れて居ます。
私は黙って待つことにしました。
看護婦さんの細い指が*の周りを探る感じがたまりません。
そしてようやく管が入りました。
「はいお薬入りますね」
120ディスポの暖かい浣腸液が私のお尻に入ってきました。
「はいイイですよ。出来るだけ我慢してから出して下さいね」
その後排泄を済ませ、看護婦さんの所に行き報告をしました。
「お腹スッキリしましたか」
「診察はどうします?」
と聞かれ私はスッキリしたので大丈夫です。と言って今回は浣腸の処置だけという何とも嬉しい展開でした。

ブログランキングに参加中
一押ししてネ!

FC2 Blog Ranking


テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

【2011/05/18 13:45】 2011年病院受浣体験 | トラックバック(0) | コメント(4) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。