FC2ブログ
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『2010年病院受浣体験5』
今日久しぶりに病院に行く事ができました。
本当につい数時間前の出来事です。

訪問した病院は以前何度も浣腸して頂いた女医さんの病院です。

看護婦さんも当時のメンバーからがらりと変わっていたので新鮮な感じがしました。

以前も何度もココで浣腸されているので、診察前にまずレントゲンを撮りお腹の様子を確認されました。

女医さんは「そうですね、このレントゲン見てその後血液を採取して、それから浣腸になるか指示しますので」
と言われ私は処置室で血液を採りに。

看護婦さんは数人流し場で何か楽しそうにしている看護婦さんが2人。よく見ると浣腸を暖めていました。

そして血液を採られ、その後待合室で待つように言われました。

そして年輩の看護婦さんにトイレに案内されました。

「ズボンを下げて便座に浅く腰掛けてくださいね」
そう言われ私は、便座に座って前屈みになっていると看護婦さんがお尻に管を入れて浣腸を注入。

普通はその後看護婦さんはトイレを出るんですけど、今回は違いました。

看護婦さんが私のお尻を脱脂綿でずっと押さえて居るんです。

私はこれが大好きなんですよね。

今回はずっと押さえられていたいので本当に限界まで我慢しました。

そして看護婦さんに排便を見られました。

久しぶりに快感です。

最後に診察を受けたんですけど、女医さんが「またお通じでなかったら浣腸かけにきてください」
といわれました。

しばらくしたらまたこの病院に行きたくなりました。

pn02.jpg

ブログランキングに参加中
一押ししてネ!

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【2010/11/30 18:22】 2010年病院受浣体験 | トラックバック(0) | コメント(3) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。