FC2ブログ
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『2010年病院受浣体験2』
今日は久しぶりに時間が取れたので病院に直行しました。

今日の病院は総合病院です。
一時期のインフルエンザブームは過ぎていたので、患者さんは比較的まばらで、診察開始まではそれ程時間がかかりませんでした。

先生の問診後、採血とレントゲンを撮るように言われ、終わったあと再び診察室に入りました。

先生が「便はそれ程でも無いように見えるけど、浣腸していきますか?」
との質問に私は「ハイ」と答え、待合室で待つ事になりました。

ココでは何度か浣腸をされた事があるので、看護婦さんも予想をしていたのか処置室の中から「GE」「GE」の連呼。

やがて私の前にケンエー120を膿盆に乗せた若くて可愛い看護婦さんです。
「クリエさ~んトイレに行きますね」
私は看護婦さんに案内され車イスのトイレに行きました。
「浣腸は初めてですか?」
「何度かあります」
「私が浣腸したらトイレを出ますので、出終わったら便を見せて下さい」
そう言いながら、看護婦さんは浣腸の準備をしています。
「下着を降ろして、便器の上に座ってくださいね」
私は看護婦さんに言われトイレの便器に座りました。
「はい少しだけ、お尻浮かして下さいね」
そう言うと看護婦さんが私のお尻に浣腸の管を刺しました。
「はいお薬はいりますよ~」
看護婦さんがゆっくり浣腸を注入しました。
「ハイ、イイですよ、私前で待っていますので、出終わったら教えて下さい」
とトイレを出て、その後私は排泄。
看護婦さんを呼ぼうと立ち上がると、自動で流れてしまったのです。
看護婦さんが「やっぱり流れちゃいましたか~」
と言うその手には私に浣腸した容器を持っていました。

みんなにココのトイレで浣腸中ですよという感じです。

でももしトイレの外で待つなら、私は排泄まで看護婦さんに見られたかったです。

pn06.jpg


ブログランキングに参加中
一押ししてネ!

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【2010/03/05 19:35】 2010年病院受浣体験 | トラックバック(0) | コメント(4) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。