FC2ブログ
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『2009年病院受浣体験10』
2009年病院受浣体験8

今日病院に行ってきましたのでご報告しますね。

ようやく少し時間がとれたので病院に行って来ましたよ。
今回行った病院はもう数回病院受浣されている病院です。

なじみ顔です。
看護婦さんもこの患者さんまた来たという顔立ちや視線が目に付きます。
それでも浣腸して頂けるんだからやっぱり感謝ですよね。

私は診察室に入り先生の問診を受けました。
先生も私のいつもの症状にいつもの通りとスラスラと話を進め
「便秘しているんだね」
と言われたので
私も「ハイ」と返事をしました。

そしてお腹のレントゲンを撮る事になり、看護婦さんに案内されレントゲン室に行きお腹の写真を「パシャリ」
その後診察室前の中待合室の椅子で待っていました。

看護婦さんがレントゲン写真を手に先生と何やら会話しています。
医師「便が詰まっているし、ガスも多いから浣腸して」
看護婦「先生60で宜しいですか」
医師「うん60で充分だろう」

と言う会話がが聞こえました。

その後看護婦さんがレントゲン写真を手に
「クリエさん、さっきのお腹の写真なんですけど、これが全部便ね、そしてこれがガスなので、沢山溜まっていますからね今日は浣腸します」
「用意が出来るまで待合室でお待ち下さい」

私は待合室の長椅子で待っていると看護婦さんが浣腸を手にやっってきました。

「こちらにどうぞ~」
と私はCT室の方に案内されました。

普段はCT撮影の時に使うSTベットです。
私はふと思ったのですが、ココにはポータブルトイレと紙おむつなどが置いてありました。
ひょっとしてココは浣腸処置専用の部屋としても使っている感じです。

「はい、それでは私の方に後ろを向けてお尻出して下さい」
私は少しだけお尻が見える様にしていると看護婦さんが
「はい失礼しますね~」
とお尻が丸見えになるまでパンツを下げました。
「はいそれではお薬入れますからね」
看護婦さんがゆっくり浣腸を注入してきました。
私は興奮であそこも大きくなってしまいました。
もちろん看護婦さんも見ています。
病院では結構あることなんでしょうね。

その後排便をしてこの病院を後にしました。

看護婦さん浣腸してくれてありがとう。

ブログランキングに参加中
一押ししてネ!

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

【2009/09/13 07:59】 2009年病院受浣体験 | トラックバック(0) | コメント(4) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。