FC2ブログ
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『2008年病院受浣体験12』
先日久しぶりに休暇がとれたので思いきって遠くの街に浣腸遠征しました。
今回訪問した病院はかなり古い外科、内科、胃腸科、肛門科医院でした。
この古さから考えるとひょっとしてガラス浣腸器?などと想像を膨らませました。
中に入り受付を済ませ、待合室で待っていました。
患者さんは2人いたのですが、もう診察は終わった様子です。
私は直ぐに診察室に呼ばれました。
先生は老医師、そして看護婦さんは50代位というところでしょうか。
便秘でお腹が痛いと言うと、下剤は飲んだ?と聞かれ、私は飲んだけど出なくて苦しいと答えました。
それじゃあ浣腸しましょう。と言う事になり看護婦さんが浣腸の用意を始めました。
「先生ケンエー浣腸でいいですか」と先生に聞いていました。
どうやら私はケンエー浣腸をされるようです。
私は別の部屋に案内されました。
その部屋はかつての手術室でした。おそらく今は使っていない感じでした。
看護婦さんにベットに案内され私は横向きに寝ました。
看護婦「はい一寸ズボンを下げますね」
そう言って看護婦さんは私のズボンを下げ
看護婦「一寸お尻が出るように下げますね~。浣腸しますから」
そして私のお尻が丸見えになり、やがてもう1人の看護婦さんがケンエー60を持ってやってきました。
私のズボンを下げた看護婦さんが私のお尻を開き、もう1人の看護婦さんが浣腸を私の*にさしました。
2人係の浣腸はやはり気持ちいいです。
その後排便を済ませ、その病院を後にしました。

その帰り道に以前浣腸された病院の前を通ったので、時間があるので、そこにも寄ったのですが、残念ながら失敗。
しかしオオタ120を4本処方してくれました。
オオタはしばらく見ていなかったのですが、新しく改良されていました。
ケンエーのマネ?かなと思いました。

otaene01.jpg

otaene02.jpg


otaene03.jpg

otaene04.jpg


ブログランキングに参加中
一押ししてネ!

FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

【2008/10/25 13:38】 2008年病院受浣体験 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『2008年病院受浣体験11』
病院受浣体験10の後時間があまって、もう1件病院に行きました。
こちらも2年ぶり位で行く総合病院です。
今回は診察はかなり時間がかかり2時間程待ちました。
そしてようやく私の順番になり、診察を受けました。
先生「今日はどうなさいました」
私「はい、便秘でお腹が痛くて」
先生「前と同じですか?一寸お腹を診てみましょう」
先生「張ってますね~、それじゃ前と同じく、浣腸して、下剤を出しておきますね」
看護婦「それじゃ待合室でお待ち下さい」
私は処置室の前の待合室の椅子で待ちました。
中で看護婦さんがガサガサと浣腸の用意をしていました。
そしてケンエー120を手に看護婦さんがやって来ました。

そして処置室のベットに案内して。
看護婦「それじゃこれから浣腸しますね」
看護婦「はい、お尻出しますね~、一寸痛いかもしれないけど我慢して下さいね」
そう言うと看護婦さんは私のお尻を広げ、浣腸の管を入れました。
看護婦「はいそれじゃ浣腸のお薬入れますからね~」
浣腸液が私のお尻からゆっくり入って来ました。
看護婦「はい終わりました、出来るだけ我慢して出してくださいね~」

と今回はこんな感じの浣腸でした。
ブログランキングに参加中
一押ししてネ!

FC2 Blog Ranking




テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

【2008/10/04 13:43】 2008年病院受浣体験 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『2008年病院受浣体験10』
久しぶりに病院に行く事が出来たので報告します。
今回行った病院はおよそ2年ぶりです。
以外といい感じの看護婦さんが居ると言う記憶とガラス浣腸器で浣腸されたことがあり、久々に足を運びました。
私は受付し待合室で待っていました。
それ程時間がかかる事が無く私の診察の順番が廻って来ました。
私の診察になり。
先生「今日はどうなさいました」
私「はい、昨日からお腹が痛くて」
先生「便秘ですか?前も丁度2年前にも同じ症状で来ましたけど、今回は何日位?」
私「はい5日程出ていないです」
先生「一寸お腹を診ますので、そこのベットに横になってください」
私はベットに横になりお腹を出しました
先生「大分張ってますね~、前と同じ浣腸しましょう。30,30でお願い」
と看護婦さんに指示しました。
私は看護婦さんの方を見ると、看護婦さんはグリセリンの瓶とガラス浣腸器を取り出しました。
私はベットで上を向いて寝ていました。
その方が看護婦さんが入ってきた時の様子がよく見えるからです。
やがて、エネマシーツを持って看護婦さんがやってきました。
看護婦「はい一寸これを引かせて下さい」
とエネマシーツを私のお尻の下に引いて居ました。
そして一寸ぽっちゃりした看護婦さんが膿盆に50ccの浣腸器をのせてやってきました。
私はぽっちゃり看護婦さんが好みです。何となく優しそうな感じもまた好み。
すると看護婦さん同士で話しをして「私がやりますから」とぽっちゃり看護婦さんが私の浣腸することに。
看護婦「はいそれじゃ私の方にお尻を向けて横になって下さい」
看護婦「はいそれじゃ少し大きく下げますからね」
と看護婦さんにズボンとパンツを下げられました。(お尻が完全に丸見えです)
看護婦「はい、それじゃあゆっくりお薬入れますからね~」
と看護婦さんが私の*にガラス浣腸器を差しました。
そして少し暖かい浣腸液が私のお尻からじんわり入って来ました。
本当にゆっくり浣腸をする看護婦さんでした。
今までの経験上浣腸する時は結構皆さんパッパと終わらせることが多いので嬉しかったです。
ひょっとして浣腸するのがスキなのかも等考えて居ると私のあそこは大きくなりました。
そして浣腸が終わり私は衣服を整え、看護婦さんにパンツを見せる様に支度をしました。
Yバック2

なんか看護婦さん妙に微笑んで居たのが気になります。

それと私に浣腸してくれたガラス浣腸器先が少し茶色くなっていました。
大分年期のある浣腸器という感じです。
この浣腸器いったいどのぐらいの患者さんの*に刺さったのかな。

その後排泄を済ませ、その病院を後にしました。

今回は少し楽しい浣腸体験でした。

ブログランキングに参加中
一押ししてネ!

FC2 Blog Ranking




テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

【2008/10/04 13:42】 2008年病院受浣体験 | トラックバック(0) | コメント(3) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。