FC2ブログ
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『2007年病院受浣体験31』
本日約1ヶ月振りで病院に行く時間が出来たので楽しみの病院へ。
金曜日ということもあり患者さんの数は結構多かったです。
待合室で1時間程待ち診察室に呼ばれました。
この病院は以前行った事があったので診察も簡単でした。
先生「今日はどうしました」
私「一寸便秘でお腹が苦しいんです」
先生「また便秘?」「浣腸した方がいいですか?」
先生「何日ぐらい便秘」
私「4日位」
先生「あまり浣腸しない方がいいんですけど、コントロール出来るぐらいに薬多めにだしておきますので」
先生「とりあえず隣にどうぞ」
先生「グリ浣120」
看護婦「グリ浣120お願いしま~す」
私は処置室で待つように言われベットに腰を掛けて待っていました。
30前後のステキな看護婦さんでした。看護婦さんは別の部屋に行き戻って来ると手にはオオタ120を手にしていました。
袋をガサガサしながらビリッと袋を破り浣腸を暖めていました。そしてガーゼを数枚だしゼリーを付けていました。一連の準備を間近でみると凄く興奮します。そして浣腸の準備ができ私は看護婦さんに連れられ内視鏡室に入りました。
看護婦「はい左を下に横向きになってズボンを下げて寝て下さい」
私は看護婦さんにパンツを下げてもらいたくズボンを下げずにいると強い口調で
看護婦「ズボン下げて下さい!」
と言われ私はズボンとパンツを下げてお尻を出しました。

看護婦「膝をお腹に付ける様な感じで口あけて楽にしてくださ」
私は看護婦さんにお尻を突き出す感じになりました。
看護婦「はい力抜いて下さい」
看護婦さんが浣腸の管を私のお尻に入れました。
看護婦「はい入りますよ」
少し冷たい浣腸液が入って来ました。
あまり管を入れない感じがしたのですが、久々の浣腸なのでそう感じたのかなと思いました。
浣腸も以外と早い感じで管を抜かれました。
私は以外とあっけない感じと思っていると。看護婦さんが再度私のお尻をわしずかみするようにお尻の穴を広げると浣腸の管を再び挿入。今度はさっきより深く入った感じがしました。そして浣腸液がお腹の中に沢山入って来ました。
なんと初めての経験時間差浣腸。
これはかなり効いて来ました。
看護婦「はい出来るだけ我慢して下さいね」
看護婦「15分は我慢して下さい」
「15分?」私は口には出しませんでしたが、15分は我慢できずにトイレに行きましたが、この看護婦さん私が浣腸スキなのを知って15分と言ったのかは不明です。
その後排便を済ませ、会計を済ませ病院を後にしました。
久々の病院受浣で満足でした。

ブログランキングに参加中
一押ししてネ!

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

【2007/08/31 18:54】 2007年病院受浣体験 | トラックバック(0) | コメント(24) |
『2007年病院受浣体験30』
昨日大腸内視鏡検査を受けましたので、体験談を報告致します。
2週間程前に病院に行き大腸内視鏡検査の受付をしてきました。
この病院で大腸内視鏡検査を受けるのは2度目でした。
1回目の時はグリセリン浣腸と高圧浣腸を受けましたが今回はどうなることやら。
内視鏡検査の説明を看護婦さんに聞いて私は書類に一つの項目を見つけました。

CF01.jpg


・便が充分にきれいにならない時には浣腸をかけさせていただく場合があります。

とかかれてあり説明する看護婦さんにも言われました。

そして当日病院に向かいました。
まず受付に診察券と検査の予約書を提出して5分位で看護婦さんに呼ばれました。
私は処置室の方に行き看護婦さんに問診を受けました。
看護婦「まず体温計りますね~」
看護婦「今日は便が出ましたか?」
私「いいえまだ出ていません」
看護婦「昨日は?」
私「昨日も」
看護婦「えっ何日前に出たの」
私「3日前です」
看護婦「前に一度受けているから安心していたんだけど。それじゃ今日は大変だ~」
看護婦「便がきれいにならないと検査出来ないから今日は早めに浣腸かけるね~」
看護婦「それと今日は沢山歩いてもらわないとね」
その後血圧を計り私は看護婦さんに連れられ2階の病棟に行きました。
私は病棟の個室に連れていかれました。

CF02.jpg



看護婦「いまから下剤を飲んで頂きます、今から1時間ぐらい経って出なかったら浣腸かけにきますから」
そう言い残し看護婦さんが去って行きました。
私は下剤を飲み出し40分程で下剤を飲み終えてしまいました。

そして看護婦さんが様子を見に来て
看護婦「エッもう飲み終わったの?大丈夫?前回戻したから・・・」
看護婦「気持ち悪くない?」
私「今回は大丈夫です」
看護婦「そう?それじゃもう少ししたら浣腸かけにくるけど・・・」
看護婦「今やっちゃうかい?」
私「はい大丈夫です」
看護婦「じゃあ準備してくるから」
看護婦さんが処置室の方に浣腸を取りに行きました。
5分程経ち看護婦さんがやってきました。
看護婦「クリエさんこちらにどうぞ~」
看護婦さんに案内され私はトイレに行きました」

CF03.jpg


看護婦「これはね~下の方の便は出るけど、上の方の便は出ないから、このあと沢山歩いてね」
看護婦「はいお尻出してね~」
私は看護婦さんにお尻を出しました。
看護婦「はい入りますよ~」
看護婦さんは指でお尻を広げケンエーG120を私のお尻に刺しました。
浣腸液が一気に私のお尻に入ってきました。
やはり浣腸はいいですね
看護婦「はい入れ終わりました出来るだけ我慢してから出して下さいね」
と言い残し去っていきました。
私は排便を済ませ、その後4回便を出したのですがこの時に大失敗。
普通なら便の色が付いているうちに看護婦さんに聞かれるのですが、今回に限って便が綺麗になってしまったのです。
仕方なく看護婦さんを呼ぶと「OK」が出てしまったのです。
残念ながら高圧浣腸は失敗。

そしてしばらくして内視鏡の時間になりました。
看護婦さんに内視鏡室に案内されました。
看護婦「下に着ている物を全部脱いでこのパンツに履き替えて下さい。穴のあいている方がお尻です」
私は穴あきパンツに履き替えベットの方に行きました。
片腕に血圧計もう片方に脈拍計をそして注射の準備がされていました。
看護婦「先生が来たら血管注射しますので」
この注射眠くなる注射なのですが、私の場合この効き目が凄くいいんですよね。
やがて先生が来て看護婦さんが私のお尻を広げました。
そして血管注射をされ直ぐに私のお尻に内視鏡が入って来ました。
お尻に「プスリ」と内視鏡が入り「ア~気持ちイ~」と思いました。
私はお尻の感覚を楽しんでうっとりしていると気が付いたら私は病棟のベットに1人で寝ていました。
なんと血管注射が良く効いて私は寝てしまったのです。

大腸内視鏡を初めてする普通の人ならこの検査が一番楽なのかもしれませんが、残念ながら私にとっては不満でした。
後で看護婦さんに聞いたのですが、ベットを移る際私は返事をしたり、転がりながらベットを移ったそうですが私の記憶に無いんです。

今回は浣腸1回だけでしたが、それはそれで楽しめました。

浣腸してくれた看護婦さんどうもありがとう。

ブログランキングに参加中
一押ししてネ!

FC2 Blog Ranking

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

【2007/08/03 20:33】 2007年病院受浣体験 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。