FC2ブログ
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『2007年病院受浣体験23』
今日も病院に行って来ました。
訪問した病院は2年程行っていなかったのですが、今回久しぶりの訪問です。
病院に入ったときに患者さんは女性が1人、私が待合室に座ると同時に診察室に呼ばれたので私の診察は早いなと思いました。
私が待合室の椅子で待っていると診察室から看護婦さんが出てきて
看護婦「クリエさん、今日はどうしました?」
私「はい、お腹が痛くて」
看護婦「この前と同じ感じですか?便は出ていますか?」
私「4日程出ていないです」
看護婦「そうですか。わかりました」
そしてしばらくして私が診察室に呼ばれました。
私は診察室に入り先生の問診、そして腹部の触診をうけ、その結果「浣腸」ということになりました。
先生が看護婦さんに
先生「30、70で造って」
看護婦「30、70ですね」
(これはグリセリン30cc微温湯70ccの100ccの浣腸と言う事みたいです)
看護婦「それでは浣腸しますのでこちらに来て下さい」
私は看護婦さんに案内され隣の部屋に行きました。
私が看護婦さんに案内された部屋には看護婦さんがいました。
看護婦「浣腸するから、これ使った方がいいね」
と看護婦さん同士が話しながら、大きな注射器の箱を出しました。
取り出したのは100ccのガラス製の注射器(残念ながら浣腸器ではありません)。
看護婦さんは注射器の中にグリセリンと水を混ぜ合わせて浣腸液を作り出しました。
浣腸を作っている看護婦さんの姿は凄く色っぽいです。
浣腸液を作ると、注射器の先に細いカテーテルを付けて私の所にやってきました。
看護婦「横になってお尻を出して下さい」
と看護婦さんに言われ、私はお尻を出しました。
看護婦さんは足の曲げ方を深く曲げる感じにしてお尻を突き出す感じのポーズになりました。
看護婦「はい、力を抜いて下さい」
看護婦さんが私のお尻を指で広げ私の「*」にカテーテルを差しました。
そして冷たい浣腸液が私のお腹に入ってきました。
看護婦「はい、終わりましたよ、出来るだけ我慢してから出して下さいね」
その後排便を済ませ、私はその病院を後にしました。

ro02.jpg


ブログランキングに参加中
一押ししてネ!

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

【2007/05/24 20:59】 2007年病院受浣体験 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『2007年病院受浣体験22』
この前大腸検査したばかりで、便秘なんかしている訳ではないのですが、病院に行っちゃいました。
1年ぶり位でこの病院を訪ねました。
正確には診療所なんですけど。
診療時間が始まる少し前に診察券を出しました。
最初に看護婦さんに簡単な問診をされました。
一寸丸めのぽっちゃりした看護婦さんです。(正直私好み、お尻も大きかったな~)
看護婦「今日はどうなさいました」
私「お腹が痛くて~」
看護婦さんはカルテを確認しながら
看護婦「便秘ですか?」
私「はい」
看護婦「前回も浣腸して下剤処方したんですよね~」
看護婦「今回も浣腸で良いですか?」(ニッコリ微笑む笑顔が可愛い)
私「お願いします」
看護婦「下剤は宜しいですか」
私「下剤は大丈夫です」
看護婦「ハイわかりました、それでは血圧を測りましょうね」
私は血圧計を付けられ、血圧を測定している間に看護婦さんはカルテに
排便(-)浣腸希望と書いていました。
そして私は看護婦さんに診察室の前の椅子で待つ様に言われました。
そして直ぐに私は診察室に呼ばれました。
先生の問診なんですが、先生はレシカルボン座薬を私に自分で入れる様言ってきたのですが、私はあくまでも浣腸をお願いしました。
結果は私の意見が通り看護婦さんに浣腸されることになりました。
診察室をでて待合室で待っているとさっき問診をしてくれた看護婦さんが浣腸とゼリーを手にやってきました。
看護婦「クリエさんこちらに」
と私はトイレに案内されました。
看護婦「前にもやっているからわかりますよね、それではパンツを降ろしてください」
お尻を出して下さいと言われる時も興奮しますが、パンツ降ろして下さいと言われるのも良いですね。
看護婦「はい、それでは管が入りますね」
看護婦さんは私のお尻に指でゼリーを塗ってくれました。
やっぱり直接「*」にゼリーを塗られるのが良いですね
看護婦「はいお薬入りますよ~」
冷たい浣腸液がゆっくりと私のお尻に入ってきました。
看護婦「はい入りました。出来るだけ我慢してから出して下さいね」
その後排便を済ませ、私はこの診療所を後にしたのですが、今回は診療所に入ってから出るまで30分もかかりませんでした。
hip01.jpg

hip02.jpg

hip03.jpg


その後時間があるので、もう一つ病院に行ったのですが、残念ながら失敗。
それでもディスポ浣腸60を10本処方してもらいました。
今夜は看護婦さんのことを思い出しながら、この浣腸で楽しもうと思います。

syoho01.jpg


ブログランキングに参加中
一押ししてネ!

FC2 Blog Ranking

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

【2007/05/18 20:04】 2007年病院受浣体験 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『2007年病院受浣体験21』
さて今日は楽しみにしていた大腸内視鏡検査です。
一応検査の予約は前回の病院受浣の時にしたのでまず朝7時30分にまでに病院に来て下さいとのことでしたので、私は7時20分頃病院に入りました。
以前訪問したとき内視鏡準備室が2つあったのでおそらく私の他にももう1人いると思い、病院の待合室に入りました。
若い女性だといいな~と思ったのですが、先に待合室で待っていたのは熟年の男性でした。
私も待合室の椅子に腰掛け、待っていると直ぐに看護婦さんがこちらにやって来ました。
看護婦「はい今日大腸検査される方ですね、こちらにどうぞ~」
と私達2人は「内視鏡準備室」に案内されました。
看護婦「はいクリエさんはこちら、○○さんはこちらに入っていて下さい」
と私達は内視鏡準備室に1人づつ入りました。

room01.jpg

room02.jpg


そして看護婦さんがニフレックと計量カップとコップを持ってきて
看護婦「はいこれを全部飲んで頂きますね~。大体1時間半位まではかかってかまいませんので」
さてここから洗腸剤ニフレックを飲み出しました。

nif01.jpg


洗腸液のまずさはあまり変わらないですね。
一応順調に飲んでいましたが、看護婦さんは2,30分ごとに様子を見に来てくれました。
隣では何度か排便があり、看護婦さんに便の確認をされている様でしたが、私はまだ0回。
洗腸剤を全部飲み終えて20分程経過したときに看護婦さんがやってきて
看護婦「クリエさん便全然出そうに無いですか?」
私「出そうも無いです、前に検査したときも出なくて5回位浣腸されたんです」
私はなかなか浣腸の決断を出せない感じだったので、思いきって看護婦さんに言いました。
看護婦「そうですか~。わかりました」
と言い残し看護婦さんが一端部屋を出ました。
外で先生と話している声がわずかに聞こえました。
看護婦「先生クリエさんなんですけど、便が出て無くて前も浣腸をした様なんですよ」
先生「じゃ~グリ浣120して、あっ120を200にして浣腸した方がいいわ」
と言っていました。おそらく120のグリ浣に微温湯を混ぜて200にする事だと思います。
私は200と聞こえたのでもしかしてココには200ccのガラス浣腸器があるのかと楽しみにしていました。
やがて看護婦さんが私の部屋にやって来ました。
看護婦さんは高圧浣腸を持って来ました。
看護婦「クリエさん、すいませんけど、浣腸します」
看護婦「え~とこっちを頭にして、左側が下になる様に壁側を向いてくださいね」
看護婦「はい、ズボン下げますね~」
看護婦さんは私のズボンとパンツを下げお尻を丸出しにしました。
看護婦「はい力を抜いて楽にして下さいね~。管入りますよ~」
看護婦さんは指で私のお尻を開きカテーテルを私の「*」に差しました。
そして生暖かい浣腸液が私のお腹に入って来ました。
浣腸の刺激の度合いから私の予想通り120のグリ浣に微温湯を足して200ccにした物でした。
看護婦「はい、終わりました。お尻にパットを当てますね~」
看護婦さんは私のお尻に尿漏れパットをあててパンツを上げてくれました。
pat01.jpg


看護婦「はい、浣腸液ですから、一寸お腹痛くなりますけど、出来るだけ我慢してから出して下さいね」
私はトイレに行って排便を済ませ看護婦さんを呼びました。
看護婦「はい、まだですね~。また便が出たら言った下さい」
看護婦さんの頭の中ではおそらく次の浣腸の準備をすることを考えていたとおもいます。
やがて看護婦さんが高圧浣腸のスタンドを引いてくる音が聞こえたので、私はワクワクしていましたが、残念ながら隣の部屋に行ってしまいました。
看護婦「○○さん、一寸浣腸させて下さいね~」
と今度は隣に人が浣腸されていました。壁からわずかに声が聞こえて来たのですが、残念ながらはっきり聞こえたのはココまででした。
そして看護婦さんが再び私の部屋にやってきて
看護婦「はい、クリエさん、腸を洗いますね、今度は浣腸ではないですからね~」
高圧浣腸には500ccの微温湯が入っていました。
看護婦「はい、お尻だして下さいね~、入りま~す」
看護婦さんの優しい手つきが何ともいえません。
そして再び排便し看護婦さんが再び高圧浣腸を持って私の部屋に来ました。
看護婦「少し腸を洗った方が良さそうですね」
とまた看護婦さんに高圧浣腸されちゃいました。
その後残念な事に便が綺麗になってしまい、大腸内視鏡となってしまいました。
内視鏡室に入ると看護婦さんに肩に注射を打たれ、私は看護婦さんにお尻を開かれました。
先生が内視鏡をいれ易い様にしているのですが、私はとても気持ち良かったです。
女性だと少し恥ずかしいのかもしれないですね。
とこんな感じで私の本日の大腸検査は終わりました。

やっぱり浣腸は大好きだな~。

ブログランキングに参加中
一押ししてネ!

FC2 Blog Ranking


テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

【2007/05/15 19:45】 2007年病院受浣体験 | トラックバック(0) | コメント(3) |
『2007年病院受浣体験20』
久々に病院受浣に行ってきました。
今日の成績は1勝1敗でした。
最初に総合病院に行ったのですが、残念ながら失敗。
座薬の処方のみになってしまいました。
一応浣腸を希望してみたのですが、医師が「浣腸の様な荒っぽい方法はとりたくない」とのこと
そこでやもなくいつも浣腸してくれる病院に直行。
患者さんの数も多かったのですが、以外にも診察順番は早くやってきました。
看護婦さんに呼ばれ診察室に入り、先生に問診されました。
私は「便秘でお腹が痛い」と言うと直ぐに「浣腸」宣告され、診察の時間で約15秒程度でしょうか。
私は看護婦さんに呼ばれるまで中待合室に座っていると看護婦さんがエネマシートを手に私を廊下のベットに案内したのです。
ここのベットは待合室の近くの廊下に置かれているベット一応カーテンは引かれるのですが、知り合いが居ると非常に恥ずかしい場所です。
他の患者さんに様子を見られる感じです。
看護婦さんは気をつかって小さな声で
「はい、下げて下さいね」
と言ったきり
後は私のお尻に「プスリ」と浣腸したのです。
久々に看護婦さんに浣腸されその感触はいいのですが、場所を何とかして欲しいものですね。
来週はいよいよ大腸検査です。一応病院で洗腸薬を飲む予定なので、浣腸されるよう頑張ります。

ブログランキングに参加中
一押ししてネ!

FC2 Blog Ranking

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

【2007/05/10 20:03】 2007年病院受浣体験 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。