FC2ブログ
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『2007年病院受浣体験19』
今日も少し時間がとれたので病院に行きました。
今日は少し大きめの診療所です。
診療所と言うより医院と言っても良いぐらいの所です。
ローカルな所の診療所のため患者さんの数もそれ程多くないので比較的早く診察の順番が廻って来ました。
医師の診察を受け私はレントゲンを撮りに行き再び診察室へ。
診察の結果浣腸をされることに。
そして医師の方から大腸検査を強く進められたため、私は大腸検査を後日受ける事になりました。
私は処置室に案内されると、看護婦さんが2人で話している。
「採血の後浣腸お願いします」
と言っていました。
「適便もだね。どこでする」
「内視鏡準備室があるからそこがいいかも」
そう看護婦さんが話していました。
やがて看護婦さん(婦長らしきベテラン看護婦さん)が来て採血をしました。
「クリエさん、これが終わったら浣腸しますので」
そう説明する看護婦さんの手にはメモが
「微温湯200cc、適便」と書いてありました。
採血が終わり私は内視鏡準備室に案内されました。
個室にはベットとトイレが有り大腸内視鏡準備室と言った感じです。
「クリエさんここで待っていて下さい」
と言い残し看護婦さんが一端部屋を出ました。
そして再び看護婦さんが新聞紙と紙おむつ?を持参してきて
「これから便の状態を確認しますので、左を下にしてズボンを下げて下さい」
私はズボンとパンツを下ろし、看護婦さんにお尻を突き出す感じになりました。
「はいそれでは、お口でゆっくり呼吸して下さい」
と言うと看護婦さんの指が*に入って来ました。
「少しいきんで下さい」
と言われ私は少しいきむと看護婦さんは便をかき出しました。
ベテラン看護婦さんならではという感じで、それ程苦しく無く、適便をされました。
何度も指を出し入れして、私は気持ち良くなりました。
私のあそこはガチガチです。
「はい、一度トイレで頑張ってもらえますか」
と看護婦さんは私の便を新聞紙でくるみながら、言いました。
私はトイレに入りましたが、それ程息みませんでした。出してしまったら浣腸はされなくなってしまうので、そのまま座っていただけです。
やがて看護婦さんがやってきて。
「どうですか、出ましたか~」
「まだでません」
「そうですか、出ないようでしたら浣腸しますので、ベットに横になって下さい」
と言い看護婦さんは浣腸を取りに行きました。
看護婦さんが戻ってきて手にはイルリガートルスタンドに吊された、高圧浣腸でした。
看護婦さんに「はい、浣腸を入れますので、さっきと同じ格好になって下さい」
私はお尻を出すと、看護婦さんは手慣れた感じで浣腸しました。
ベテラン看護婦はテキパキしてしまうので、長い時間浣腸されたい私にとっては一寸残念。
でも今回の浣腸も適便も気持ちよく受けられました。

pk001.jpg

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

【2007/04/27 20:33】 2007年病院受浣体験 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『2007年病院受浣体験18』
今日は日曜日で普通は病院が休みなのですが、やはり病院受浣されたい気持ちが抑えられず病院に行ってしまいました。
今日訪問した病院は私の地区で休日当番の病院でした。(結構大きな総合病院です)
私は受付を済ませ待合室で待っていると、日曜の休日当番医院にしては、患者さんの数も多く救急車も来たりで、結構患

者さんの数は多かったです。
やがて私が処置室に呼ばれ看護婦さんに簡単な問診や体温血圧を測られました。
その時少し驚いた事が2つ程ありました。
1つ目は同じ町の病院で何度も浣腸してくれた婦長さんがココの病院で働いていたのです。
前の病院時代には何度も浣腸されていたし、顔の方もおそらく覚えて居ると思うのです。それではその看護婦さんは初め

ての様に接してくれました。
2つ目は看護婦さんの問診中に別の看護婦さんがベットにカーテンを引きながら大きな声で
「○○さん便が出ていないようなので浣腸します」
と言われました。浣腸されるのは60歳ぐらいの男性です。
「この浴衣に着替えて、このパンツを履いて下さい、お尻の方に穴があいていますので」
と看護婦さんが患者さんに説明していました。
同じ様なタイミングで浣腸宣告をされるのは以外と珍しいケースです。
その後私は診察室前のイスで待つように言われました。
そしてさっきの浣腸宣告をされた患者さんが浣腸をされるようです。
後で気づいたのですが、この患者さん大腸内視鏡の検査をされるようでした。
おそらくこの時されていた浣腸は高圧浣腸だと思います(確認できませんでした)
その患者さんが浣腸されたとき私も診察室に呼ばれました。
診察室に入り先生の診察と腹部の触診を受け浣腸されることになりました。
先生「グリカン120で」と看護婦さんに指示しました。
看護婦「120ですね」
看護婦「クリエさんそれじゃトイレの方で浣腸しますので待合室でお待ち下さい」
私は待合室で看護婦さんを待つ事にそしてビニール袋に浣腸セットを手にやってきたのはなんと前の病院で浣腸してくれ

た看護婦さんだったのです。
私はトイレに案内され看護婦さんがトイレの鍵を閉めました。
「一寸中に入って下さいね」
「一寸これから浣腸かけるんですけど、便をね、ここでしていいんですけど便が出たらナースコールで読んで下さい」
「これから浣腸液入れるんですけど、入れた後10分位我慢して下さい」
「今浣腸かけたら私出ますので必ずカギかけてください」
「それじゃお尻の方お借りしますので俯き加減でいてもらえますか。立ったまましますので」
「はいいいですか~口でふ~ふ~息して下さいね~はいりま~す」
「はい終わりました。」
と看護婦さんは私のお尻にティッシュを当てました。
「はい出来るだけ我慢して出して下さいね」
そして看護婦さんが出た後私はトイレで「ブブ~、ボトボト、バシャビビビ~ボトブブブブ~ブブブ」と排泄をしました

。そしてナースコールをする前に看護婦さんがやってきて、トイレを確認しました。
私はまだ便を出しています。
「あっ沢山でましたね」
と言い残しトイレを出て行きました。
この看護婦さん前の病院の時もそうだったのですが、随分忙しい看護婦さんです。
浣腸するときも言葉がペラペラと早くいう感じで、仕事はかなり出来る感じなのですが、もう少し落ち着いた病院でゆっ

くり浣腸されたいと思いました。
それとこの看護婦さん見た目も声も可愛いんですよね。そんな看護婦さんに個人的に浣腸されたらと考えると興奮してし

まいます。
今日の病院受浣は久々に楽しかったです。


H001.jpg


img03945422.jpg
下着はオシャレに病院に行くときの身嗜み

tobn01.jpg
浣腸の購入ならここ

ブログランキングに参加中
一押ししてネ!

FC2 Blog Ranking

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

【2007/04/22 18:14】 2007年病院受浣体験 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『2007年病院受浣体験17』
少し間があいたのですが、今日も病院に行って来ました。
今日は内科小児科医院です。
私が診察を受けたのは、お昼近くで患者さんの数が少なかった時でした。
待ち時間もそれ程無く診察を受けられました。
私は診察室に入り先生に
先生「今日はどうしました」
私「便秘でお腹が痛いんです」
先生「一寸お腹を見てみましょうそこのベットに横になって」
私はベットに横になってお腹を出しました。
先生「大分お腹が張ってますね~、ガスが多いね」
先生「一応下剤出しておきますけど、今日は浣腸しましょう」
先生に浣腸宣告され私は看護婦さんに
看護婦「こちらにどうぞ」
と処置室のベットに案内しました。
ベットにカーテンをして
看護婦「こちらに横になって下さい」
看護婦さんはそう言い残すと浣腸を取りに行った。
やがて看護婦さんが戻ってきた手にはオオタ60の浣腸を持っていました。
看護婦「はい横になってズボン下げて下さい」
私はズボンを下げお尻を出すと
看護婦「はい口で呼吸して下さ~い。お薬入りますよ~」
看護婦さんはそう言うと私の「*」に浣腸を「プスリ」
そして次の瞬間「ジュワ~」と浣腸液が私のお尻に入って来ました。
看護婦「はい終わりましたよ、出来るだけ我慢してから出して下さいね」
看護婦さんは私の「*」にティッシュをあててパンツを上げました。
私はトイレに駆け込み「ブブ~、ボト、ビチャビビ~ブチュ、ブブブ~buuububububu~」
便を思い切りだし、トイレを出て看護婦さんに報告をしました。

今回の浣腸は淡々とした感じで行われ、少し肩すかしという感じでした。

kiro01.jpg


img03945422.jpg
下着はオシャレに病院に行くときの身嗜み

tobn01.jpg
浣腸の購入ならここ

ブログランキングに参加中
一押ししてネ!

FC2 Blog Ranking

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

【2007/04/16 18:52】 2007年病院受浣体験 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『2007年病院受浣体験16』
今日も病院へ行っちゃいました。
訪問した病院は外見は一寸古そうな内科、小児科医院です。
外見は古いけど、院内は改装されていて、結構新しい雰囲気の病院でした。
患者さんの数は以外と少なく、私の診察は以外と早かったです。

私は看護婦さんに中待合室の椅子で待つ様に言われました。
中待合室と言うよりは処置室の順番待ちの椅子という感じです。
採血をする机があり、そこで注射や採血をするようです。
ベットは別の部屋にあるようで、そこで点滴を打たれたりしている患者さんが出てきました。
そんな様子を見ながら診察の順番を待っていると
「クリエさ~ん」と看護婦さんに呼ばれ私は診察室に入りました。
先生「今日はどうなさいました?」
私「便秘でお腹が痛いんです」
先生「何日ぐらい便秘しています」
私「5日です」
先生「一寸お腹を見てみましょう。そこのベットに横になって下さい」
私はベットに横になってお腹を出しました。
先生「大分お腹が張ってますね~。一寸レントゲンを撮りましょう」
私はレントゲン室にレントゲンを撮り再び診察室へ
先生「便は下の方に溜まっていますね~。それにガスもかなり多いです」
先生「一応今日は浣腸しましょう。」
そう言うと先生は看護婦さんに「グリカン60で」と言いました。
私は診察室をでて中待合室の椅子で待っていると、近くにいたおばさんが少し私の方をチラチラ見ました。
さすがに浣腸宣告されるとみんなこちらの方を見ますね。
もちろん知り合いがいる病院ではかなり恥ずかしいですが、ここは知り合いの居ない町だったので意外と平気でした。

看護婦さんは私にする浣腸をお湯で暖めていました。
浣腸を用意している看護婦さんは少し年輩の看護婦さんです。
細身で優しく、いい感じの人でした。

そして浣腸をベットのある部屋に持っていき、私のいる方に向かって
看護婦「クリエさ~んどうぞ~、浣腸しますので」
なんと大きな声、看護婦さんにとっては浣腸はする方なので、以外とあからさまに言いますね。
私は看護婦さんのいる部屋に行きました。
看護婦「これから、浣腸しますので、そこのベットに寝てお尻を出して下さ~い」
私はベットに横になりお尻を少し出しました。
毎回そうなんですけど、看護婦さんにパンツを下げてもらいたくて、いつもそうしてます。
すると看護婦さんは私のパンツをお尻が見えるぐらいまで下げて「はいもう少し私の方にお尻つきだして~」
「はい浣腸しますからね~。力を抜いて下さいね~」
看護婦さんの細い指が私のお尻をグッと開いて私の「*」に「プスリ」と管を刺しました。
優しい感じで管をいれるのがわかります。しかもこの看護婦さんベテランだけあって浣腸が上手です。
「はいお薬入りますからね~」
少し生暖かい浣腸液が入ってきました。しかし60ccなので意外とあっけなく終わってしまいました。
「はい終わりましたよ~」
「出来るだけ我慢してして下さいね。出来れば待合室で待ってから出して下さいね」
と看護婦さんは言ったけど、トイレに人が入っていると困るので私は直ぐにトイレに向かいました。
私がトイレに入ろうとすると今浣腸してくれた看護婦さんがやってきて
「もう我慢できませんか?」
「いえ、トイレが埋まっていると困りますから」
「出来るだけ我慢して下さいね」
声は優しいけど、以外と監視する看護婦さんです
看護婦さんがトイレを離れると私は
「ブブ~、ボト、ビビ~ブチュ、ブブブウbu~bu~」
と排泄を済ませました。
排泄後看護婦さんに便を見せ
「いっぱい出ましたね。お腹スッキリしましたか?」
と微笑みながら言われ
「はい」
と言いその後会計を済ませ病院を後にしました。
やっぱり看護婦さんは優しい人が良いですね。
F001.jpg



img03945422.jpg
下着はオシャレに病院に行くときの身嗜み

tobn01.jpg
浣腸の購入ならここ

ブログランキングに参加中
一押ししてネ!

FC2 Blog Ranking

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

【2007/04/06 18:16】 2007年病院受浣体験 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『2007年病院受浣体験15』
この時期結構時間がとれるのでまたまた病院に行っちゃいました。
今日行った病院は総合病院です。
丁度午前中の受付終了10分前に受付を済ませる事が出来たので、そのまま保険証を出しました。
もう少しで診察が終わる時間と言うこともあったので、患者さんは比較的少なかったです。
私はカルテを内科受付に出して、しばらくすると「クリエさ~ん」と呼ばれ看護婦さんに病状の簡単な説明をしました。
看護婦「今日はどうなさいました」
私「一寸便秘でお腹が痛いんです」
看護婦「どのぐらい出てないんですか?」
私「5日程出てないです」
看護婦「そうですか・・・わかりました」
とカルテを見ながら言いました。
表情は少し困った顔をしていました。
カルテには毎回「GE120」の記載したものがあるから、看護婦さんは常連患者と思っているんでしょうね。
そして数分したのち私は診察室に呼ばれました。
先生「便秘ですか~」
私「はい」
先生「どうします?また浣腸しましょうか?」
以外とあっさりした言葉ですが私は素直に「はい」と言うと先生は看護婦に「GEお願い」と言っていました。
私は処置室の近くの長椅子で待って、看護婦さんの様子を見ていました。
すると先程診察室に居た看護婦さんが私のカルテを処置室におきました。
私はそのカルテを誰が見てくれるか楽しみでした。
一人若くて綺麗な看護婦さんが居たので、その看護婦さんが見てくれないかなと思ったのですが、残念ながら私のカルテを手に取ったのは年輩の看護婦さんでした。
それでも私のお尻に浣腸をさしてくれる看護婦さんですからね。やっぱり感謝しないと。
「浣腸どこにあったっけ~」
「そこの棚の所にあるよ」
棚にはラベルで「浣腸」と書いてありました。
そこそこの数の浣腸があったので、以外と浣腸される患者さんが居るんだな~と思いました。
そして、看護婦さんは使い捨ての手袋とゼリーをガーゼに出して浣腸を手に待合室の方にやってきました。
「クリエサ~ン」
浣腸片手に大きな声。他の患者さんにバレバレですね。
「はい」と私は返事をすると
「トイレに行きましょうか」
私は車イスのトイレに案内されました
「それじゃ~ですね、浣腸をしますので、私の方にお尻を出してもらえますか」
看護婦さんはディスポ浣腸の管にゼリーを塗っていました。
私はズボンとパンツを下ろし看護婦さんにお尻を見せました
「はいそれでは入りますよ~一寸気持ち割るけど我慢して下さ~い」
私は気持ちいい感じですよと言いたかったのですが、言うわけにもいかずそして私のあそこは大きくなっていました。
看護婦さんもおそらく見ていると思います。
「はいお薬入りますね」
そう言うと気持ちいい浣腸液が私の「*」から入って来ました
「はい終わりです、出来るだけ我慢してから出して下さいね、終わったら教えて下さい」
看護婦さんがトイレから出ると私は「ブブ~ブリブリ、ボト、ビチャブブブ~」と排泄しました。
その後私は看護婦さんに便の量を報告病院を後にしました。
やっぱり病院での浣腸体験はやめられないですね。
20070403183238.jpg



img03945422.jpg
下着はオシャレに病院に行くときの身嗜み

tobn01.jpg
浣腸の購入ならここ

ブログランキングに参加中
一押ししてネ!

FC2 Blog Ranking

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

【2007/04/03 18:33】 2007年病院受浣体験 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。